ベイビーレイズJAPAN


出演情報

8月24日(水)19:00〜
役場前ステージ「愛宕祭りガールズフェス♥」

【お詫びと訂正】

平成28年度愛宕祭のポスターにおきまして、アーティスト名の表記に誤りがありました。
正しくは以下のとおりです。
(誤)ベビーレイズJAPAN
(正)ベイビーレイズJAPAN
ファンの皆様、ならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させていただきます。

ベイビーレイズJAPAN

2012年9月、5人組アイドルユニット「ベイビーレイズ」としてメジャーデビュー。2年間で日本武道館ワンマンライブを実現させなければ解散という「公約」のもと活動をスタートさせた。精力的なチラシ配りや路上ライブなどを経て徐々にファンを獲得。

2013年8月のSHIBUYA O-EASTでのワンマンライブでは1000人を動員した。その翌月、NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の挿入歌である「暦の上ではディセンバー」 をリリースし注目を集めると、同年12月には新木場STUDIO COAST、翌年2014年7月には日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブでファンを熱狂の渦に巻き込んだ。順風満帆な活動ではあったが「公約」である2 年が迫るもライブ動員が追いつかず、解散回避のためメンバー自ら日本武道館公演実現のために13872名の署名を集める事態となった。これを受けて、 2014年12月に悲願の日本武道館ワンマンライブを実現。しかし、会場動員数は5500人に留まり、日本武道館を満員にすることは出来なかった。そのため、2年間活動してきたグループ名「ベイビーレイズ」を「ベイビーレイズJAPAN」に改名。日本全国から愛されるアーティストを目指し、気持ちを新たに 「日本武道館公演満員」、そして「紅白歌合戦出場」を目指すことを決意した。

2016年1月にリリースしたシングル「走れ、走れ」は、自己最高位のオリコ ンデイリーチャート1位、オリコンウィークリーチャート3位を記録。2016年3月12日の名古屋公演からベイビーレイズJAPAN LIVE TOUR 2016 -ROAD TO EMOTIONAL IDOROCK FES.- をスタートする5人は、今夏開催を予告している主催フェスに向け、単独公演や対バン公演・学校ライブ・フリーライブなど様々なスタイルで、熱苦しさ全開の パフォーマンスを全国各地に披露する。

オフィシャルサイト:ベイビーレイズJAPAN